札幌市 社会保険労務士 社労士 助成金 労務管理 保険手続代行 米田社会保険労務士事務所

ttl-logo.png
ttl-telephone.png
ttl-02-header01.png
ttl-02-img00.jpg

創業時は助成金が狙い目です。既に会社を何年も経営していますと、助成金の審査過程で、労働保険料に滞納があったり、就業規則の不届けなどにより、不支給要件に該当してしまうことが多いです。しかし、創業時はそのような事が無い為、支給される可能性は飛躍的に上がります。

img/ttl-02-divider.png
img/ttl-02-subhead01.jpg

雇用機会が特に不足している雇用開発促進地域、若年層・壮年層の流出の著しい過疎等雇用改善地域、その地域に住まれている求職者の雇用に伴い、事業所を設置・整備あるいは創業する事業主や、中核人材労働者を雇い入れ、また、それに伴いその地域に住まれている方を雇用する事業主に対して助成金が支給されます。

■支給金額
雇用開発奨励金雇用開発促進地域において、事業所の設置・設備に伴い雇い入れた地域求職者の人数[3人(創業事業主は2人)以上]及び設置・設備費用(300万円以上)に応じて一定額が国から支給されます。※対象者一人につき、年間120万円を限度とします。

ttl-02-img01.jpg
img/ttl-02-subhead02.jpg

雇用失業情勢の改善が弱い地域において、雇用創出効果が高い事業の法人設立又は個人事業を開業し、就職希望の65歳未満の方を1人以上雇用した際に、新規創業にかかる経費及び労働者の雇用について助成金が支給されます。

■支給金額
法人の設立等に要した費用の額(上限75万円)と設立から6ケ月間に要した費用(人件費以外の運営費及び知識や技能の習得等の費用)の合計額の3分の1相当額。
・創業・雇入支援対象労働者が5人以上の場合・・・上限500万円
・創業・雇入支援対象労働者が5人未満の場合・・・上限300万円

ttl-02-img02.jpg
img/ttl-02-subhead03.jpg

創業時の助成金の中で、人気があり、支給額が大きいのが中小企業基盤人材確保助成金です。こちらは、環境・健康・IT関連の分野での操業に伴い、その会社の基盤となる人材(年収350万円以上)を雇用し、事務所の賃料を含めて250万円以上の経費を出費した場合に、雇用した人材に対して助成される。

■支給金額
創業・異業種進出分 1人当たり140万円(最大:5人)
生産性向上分 1人当たり170万円(最大:5人)

ttl-02-img03.jpg
img/ttl-02-subhead04.jpg

サラリーマンなどで、雇用保険に加入していた方が離職し、再就職ではなく、会社を創業する場合に支給される助成金です。
こちらの注意点としては、創業等準備に着手する前に届出を提出しなければなりません。
また、起業をする為に退職された方には支給されません。
この助成金は、場合によっては再就職手当の給付も活用できます。

■支給金額
創業に要する経費  創業後3ヶ月以内に支払った経費の3分の1(支給上限:150万円まで) 上乗せ分
(創業後1年以内に雇用保険の一般被保険者を2名以上雇い入れた場合)
50万円

ttl-02-img04.jpg
ttl-02-header02.jpg
ttl-02-img05.jpg

労働者の雇用に伴う助成金です。
会社では労働者の雇用が頻繁に行われますので、
是非とも助成金を活用し、経費削減を実現させてください。

img/ttl-02-divider.png
img/ttl-02-subhead05.jpg

・試行雇用奨励金(若年者トライアル)
・若年者等正規雇用化特別奨励金

img/ttl-02-subhead07.jpg

・試行雇用奨励金
(中高年齢者トライアル)

img/ttl-02-subhead09.jpg

・特定就職困難者雇用開発助成金

img/ttl-02-subhead06.jpg

・特定就職困難者雇用開発助成金

img/ttl-02-subhead08.jpg

・中小企業基盤人材確保助成金

※トライアル雇用を実施する労働者1人につき月額40,000円が最大3ヶ月間支給されます。

ttl-02-header03.jpg
img/ttl-02-subhead10.jpg

(講師はテーマに関し、十分な知識及び経験がある者、受講料は原則無料)

img/ttl-02-subhead11.jpg

1.キャリア形成促進助成金
事業主が、その雇用する労働者に対し、職業訓練の実施、 自発的な職業能力開発の支援を推進した場合に、訓練、経費や訓練中の賃金などを支給します。
※訓練生1人当たりの上限額
300時間未満:5万円
300時間以上600時間未満10万円
600時間以上:20万円
※1つの事業所当たりの限度額
・有機実習型訓練:500万円
・実践型人材養成システム:1,000万円

2. 中小企業緊急雇用(休業)安定助成金
景気の変動、産業構造の変化その他の経済上の理由により、 事業活動の縮小を余儀なくされた中小企業事業主が、その雇用する労働者を一時的に休業、 教育訓練又は出向をさせた場合に、休業、教育訓練又は出向に係る手当若しくは賃金等の一部を支給します。

○休業
休業手当相当額の4/5(上限あり)
支給限度日数:3年間で300日(休業及び教育訓練)
○教育訓練
賃金相当額の4/5(上限あり)
※上記の金額に事業所内訓練の場合1人1日3,000円を加算
事業所外訓練の場合1人1日6,000円を加算
※教育訓練を実施した時の加算額を除いた日額は、助成率にかかわらず、対象労働者1人当たり7,890円が上限になります。

img/ttl-02-subhead13.jpg

・雇用管理研修を所定労働時間内に受講させ、その期間に支払われる通
常の賃金以上の額の賃金を支払う中小建設事業主
・第1種助成金の要件を満たす雇用管理研修であること

 

ttl-02-img06.jpg ttl-02-img07.jpg ttl-02-img08.jpg

Copyright © 2012 yonetasyakaihokenroumushi All Rights Reserved.